不器用でも機材がなくてもパン職人に!
☆☆☆ 本格パンレシピ パン職人養成キット ☆☆☆

コーヒーとパンと私たち > コーヒーがおいしくなる魔法 > コピ・ルアック

コーヒーとパンと私たち

コピ・ルアック

かもめ食堂という映画を知っていますか?

ヘルシンキで日本食レストランを経営しているサチエ(小林聡美)のお話。

 ⇒ かもめ食堂


ほのぼのとした雰囲気で、妙におにぎりが食べたくなる映画(笑)

その中に

コピ・ルアック

が出てきます。

あるフィンランド人が、サチエに、コーヒーがおいしくなる魔法を教えます。

それがコピ・ルアック

お湯を注ぐ前に、指を少し粉に突っ込んでつぶやくだけ。

それでおいしくなると言います。

(本当かどうかは個人の判断に任せます<(_ _)>)


ところが、このコピ・ルアックは、実在するコーヒーなんです。


幻のコーヒーとも言われるそのコピ・ルアックは、

@ インドネシアのコーヒーノキの果実を、マレージャコウネコが食べる。

A その種(コーヒー豆)は消化されずに残り、排泄される。

B その糞からコーヒー豆を取り出し、洗浄、乾燥、焙煎する。

そして完成。

独特の複雑な香味を持つらしく、その香りを生かすため、浅煎りで飲むのがよいとされています。

というより以前に、完成に至る過程がちょっと気になります・・・(-_-;)

 ⇒ コピ・ルアック

 現在人気のコーヒーは?

<<メイプルシロップ | コーヒーとパンと私たちトップへ | フランスパン>>



Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。